Hospital

子宮内膜症について

子宮内膜症とは女性特有の病気の一種で、子宮内腔以外の部分に子宮内膜やそれに似た組織が発生してしまうというものです。発生した組織等は、女性ホルモンの刺激で増殖するという特徴があり、進行すると子宮内膜と同じように剥がれて出血が起こります。 この病気の患者は女性全体の人口の10〜15%程度と言われていますが、年を追うごとに増加傾向を辿っていると言われています。これは初めて妊娠や出産を経験する年齢が上がっている事や、医術の進歩で病気の発見確立が向上しているためと考えられています。 子宮内膜症の具体的な症状としては、月経の時以外の下腹部の痛みや、性行為時の痛み、排便痛等があります。場合によっては不妊の原因にもなるので、違和感を感じた場合には、速やかに病院で診てもらう事が大切になります。

子宮内膜症の病院での検査内容は、超音波検査や内診、MRIや腹腔鏡検査等があり、これらの結果から総合的に診断が行なわれます。検査によって子宮内膜症の診断が出た場合には治療が開始されますが、治療内容は症状の重さや患者の年齢等によって異なります。 具体的な治療方法としては、病巣等の摘出を行なう手術や、経口避妊薬等を処方する薬物療法等が一般的によく行なわれます。ただ、手術は将来的に出産を希望する場合には難しいですし、薬物療法のみでの根治も難しいとされています。 また、上記のような治療方法以外にも、漢方を使って治療をするという方法もあり、薬物に不安がある人等に注目されています。漢方は複数の種類の生薬を組み合わせて使う事で、体の様々な不調を根本から治療して症状の回復を目指します。そのため、漢方での治療は効果が出るまでに時間が必要ですが、副作用の心配が少ないので漢方による治療を希望する人も多いです。